プロフィール

熱暴走

Author:熱暴走
関東と関西を行ったり来たり
イルーナ戦記とGS2のテキトーなブログです


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター


フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」


blogpet


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログに降る星


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Dublin Core」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『Dublin Core(ダブリン・コア)』とは、Dublin Core Metadata Initiative で提唱している、メタデータ記述に使う語彙の通称。略称DC。その語彙が共通の認識となるように、慎重な設計がされた基本語彙セットおよびそれらをサポートするメタデータ語彙が公開されている。
 名前の由来は、情報学やWeb技術の専門家によるメタデータに関する第1回会合が開かれたアメリカオハイオ州の町ダブリンによる。
 WorldWideWeb上におけるリソースに関する情報を記述して有用な情報の探索・発見に役立てる目的で作られた。 特に、Webページの作者など専門家でなくとも簡単に記述できることを目指して、簡易なメタデータを作成するとの意図から作られたため、必ず記述しなければならない必須項目や、各項目の記述順序は無く、同一項目を複数回使用することも自由である。
 追加要素として、Dublin Coreはメタデータを記す際に用いられるRDFや、HTMLのhead要素などに埋め込むことにより、メタデータの共通化を計ることが可能になるという利点がある。
 またDublin Coreの基本語彙は、RSS (RDF Site Summary)の公式モジュールとして採用されたり(一部の要素はコアモジュールに取り込まれている)、FOAF (Friend of a Friend)などでよく使われ、Semantic Web関連技術のサポートに貢献している。

自己解釈:ネット上で使える「ドラえもんの秘密道具の翻訳こんにゃく」的意味なものと自分は感じ取りました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nextream.blog99.fc2.com/tb.php/7-47d8ca93


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。